独立行政法人 国立病院機構 高崎総合医療センター

文字サイズ
サイトマップ
トップページ > 臨床研修案内

臨床研修案内

★研修プログラム H30年度

 

 平成30年度 医師臨床研修開始のみなさんへ ※2次募集を行っています

 

高崎総合医療センターは、チーム医療の充実を目的として、消化器病センター、乳腺甲状腺センター、放射線治療センター、画像診断センター、心臓・脳血管カテーテルセンターをオープンし、 救命救急センターにも専属の医師を3名配置し3次救急医療を中心に行っています。神経内科と脳神経外科が連携して脳卒中の治療も行っています。NICUも設置されており周産期医療の研修にも力を入れています。 消化器内科と消化器外科、乳腺外科はセンターとして診療にあたっています。呼吸器外科、心臓血管外科もそれぞれ呼吸器内科、循環器科と連携して診療しています。地域医療支援病院として、近隣の診療所からの紹介患者さんを多く受け入れています。 また、がん診療連携拠点病院として、放射線治療も積極的に行い、定位放射線治療装置も増設されました。当院では、各診療科が連携し、内科的治療から外科的治療まで診療にあたります。
研修プログラムについては、図のような研修を行います。1年次の内科系6ヶ月は総合診療科、循環器科、呼吸器科、消化器科、神経内科の5つの診療科のうち1診療科は2ヶ月、その他は1ヶ月ずつ研修を行います。救急3ヶ月は救命センターやICUを2ヶ月と手術室での研修を1ヶ月、外科2ヶ月は消化器外科・乳腺外科・心臓血管外科・呼吸器外科から選択し2ヶ月行います。外科系選択1ヶ月は泌尿器科・脳神経外科・整形外科から選択します。2年次は、選択必修2ヶ月で精神科を1ヶ月と小児科又は産婦人科から選択1ヶ月行います。また、近隣の中小病院で1ヶ月の地域医療研修をしてもらい、残りの9ヶ月は選択としました。当院で標榜しているすべての診療科で選択研修が可能です。さらに放射線画像診断や放射線治療、病理といった部門での研修もできます。
→研修予定図はこちら(PDF)

 高崎総合医療センターの研修は、1年次はプライマリケアを重視し、2年次は選択期間に幅を持たせ、研修医の皆さんに自由に自主的に研修をしてもらうようなプログラムを構成しています。ぜひ、当院での研修を希望され、マッチングに参加されることを期待します。
→臨床研修医 募集要項は こちら
→臨床研修医 2次募集要領はこちら

 

臨床研修プログラム責任者 総合診療科部長 佐藤正通

 

お問い合わせ

施設見学に関するお問い合わせは、kenshu@takasaki-hosp.jp (佐藤総合診療科部長)  
募集に関するお問い合わせは、管理課 庶務班長(TEL 027-322-5901)又は  syomuhancyou@takasaki-hosp.jp までお問い合わせ下さい。

診療科・中央部門・センターのご紹介
診療科 臓器別疾患センター 各部門、地域医療支援・連携センター 看護部
臨床研究部 附属高崎看護学校 研修医のみなさんへ 専攻医募集 地域医療支援・連携センター 診療実績 Googleストリートビューで病院内を見てみよう!

▲TOP