独立行政法人 国立病院機構 高崎総合医療センター

文字サイズ
サイトマップ
トップページ > 市民健康医学講座

市民健康医学講座

市民健康医学講座のご案内 1月の予定

 国立病院機構高崎総合医療センターでは、市民の方々と患者様ならびにそのご家族を対象として市民医学講座を開催しています。下記に次回の予定を記載しておりますのでご興味のある方は是非、ご参加ください。

213-simin

 

高崎総合医療センター 案内図
問い合わせ   〒370-0829高崎市高松36
TEL 027-322-5901
FAX 027-327-1826
URL http://www.tnho.jp/
高崎総合医療センター 管理課まで
 (旧 国立高崎病院)
病院 ロゴ
○予約不要 ○入場無料 ○駐車場料金無料
~~お気軽にお越しください~~

内科系診療部長  茂木 充 先生

【プロフィール】
昭和63年自治医科大学卒業
同年 群馬大学医学部第二内科に入局
群馬大付属病院,館林厚生病院,国立高崎病院,藤岡総合病院に勤務したのち,上野村へき地診療所に所長として3年間勤務.
平成8年より埼玉県立循環器呼吸器病センターに呼吸器内科医として5年間勤務.
平成13年より国立病院機構高崎病院呼吸器科医長
平成23年より国立病院機構高崎総合医療センター呼吸器内科部長
平成26年より国立病院機構高崎総合医療センター内科系診療部長となり現在にいたる.

【取得資格・所属学会等】
日本内科学会総合内科専門医,指導医
日本呼吸器学会専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医・指導医
日本肺癌学会
日本臨床腫瘍学会
日本感染症学会
日本リウマチ学会
日本アレルギー学会

【コメント】
肺がんは日本人におけるがん死亡の第1位であり,毎年7万人以上の方々が亡くなっています.そのうち男性が約5万人,女性が約2万人で,死亡数は依然として年々増加しています. 肺がんの発症を減らすためには,タバコを吸わないことが最も重要です.喫煙者がすべて肺がんになるわけではありませんが,喫煙は肺がんの発症リスク・死亡リスクを明らかに高めます.また,受動喫煙でも肺癌のリスクは増加しますので,非喫煙者を受動喫煙から守る対策も重要です. 肺がんにおける最近の新たな治療薬の開発には目を見張るものがあり,一部の進行肺がんにおいては治療成績が格段に向上してきています。肺がんの最新治療薬である分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害薬について解説いたします。

 

今後の講座予定

(※予定の変更がありますことをご了承ください。)

2月20日(水) 歯科口腔外科    稲川 元明 先生
              「嚥下機能障害~評価と対応について~」

3月20日(水) 栄養部      塩澤 由起子 先生
               「腸内環境と栄養」

4月17日(水) 精神科 未定

 

院内情報紙「こくたか連携だより」を刊行中

 当院では、当院と患者さんを繋ぐ情報紙「こくたか連携だより」を毎月発行しております。市民健康医学講座をはじめ、患者さんからのご意見コーナー・また当院のパートナーとして医療連携を依頼していただいている医療機関をご紹介するコーナーなどがあります。尚、本日の概要も次月号に掲載する予定です。「こくたか連携だより」は1階待合室等にご用意しておりますので、ご自由にお持ちください。

 

診療科・中央部門・センターのご紹介
診療科 臓器別疾患センター 各部門、地域医療支援・連携センター 看護部
臨床研究部 附属高崎看護学校 研修医のみなさんへ 専攻医募集 地域医療支援・連携センター 診療実績 Googleストリートビューで病院内を見てみよう!

▲TOP