学生の声|高崎総合医療センター

独立行政法人 国立病院機構 高崎総合医療センター

文字サイズ
サイトマップ

学生の声

学生メッセージ

当校で学ぶ在校生声をご紹介します。


【1年生】

私たちは平成26年の4月、44期生として入学いたしました。毎日を明るい仲間たちと楽しく過ごしています。様々な専門分野の授業も始まり、予習・復習に追われる日々ですが実際の医療現場で働いている医師にも教えていただくことができ、とても心強いです。実践力や応用力を身に付けた看護師となるためにこの学校を選んで良かったと確心しています。

【1年生】

私たち44期生50名は毎日楽しく過ごしています。入学して間もない私たちですがたくさんの先生に支えられ、質問しやすい環境が整っています。その中で50名全員が看護師になることを目指しています。

【2年生】

私たちの学校は、国家試験を意識した学習を行っています。1年生のうちから学生主体で国家試験対策として過去問題や模擬試験を実施することは、もちろんのこと、クラスで解説しあい理解を深めています。そして、クラス全員での国家試験合格を目指して日々切磋琢磨しています。

【2年生】

2年生になると実習が本格的に始まっていきます。不安はありますが、悩みや疑問は先生や先輩が丁寧に教えてくれます。また、図書室には様々な文献が用意されており、実習室で学習した技術を自分のものとなるように何度も練習をしたりと主体的に学べる学校です。さらに高崎総合医療センターが隣接しているので、学生のうちから医療現場に近いところで学習できる環境が大きな魅力だと思います。

【3年生】

1年生から国家試験に向けて、クラスで勉強してきました。問題に取り組むことで、出題傾向がわかり、意識を高めていくことができました。3年生になり、国家試験対策委員を中心に模擬試験を行い、全員で合格することを目指しています。3年生の学習は実習が主になるため、実践的な看護の学びと講義での知識を連動させて理解を深めることができます。学習を共にしてきた仲間は心の支えであり、とても心強い存在です。学習や国家試験など大変なこともありますが、充実した日々を送っています。

【3年生】

本校は母体の病院が隣接しているため、実習を高崎総合医療センターで行うのはもちろん、入院中の患者さんに看護の日の行事やクリスマスでのコンサートを学生が主体となって行っています。そのため、実習以外でも病院という場が近く感じられ、入院中の患者さんの様子も知ることができます。卒業生の先輩方も数多く働いているため、安心して実習を行うことができるサポート体制も整っていると思います。

▲TOP